積立投資信託(NISA口座)を見直す。EXE-i先進国株式・EXE-i新興国株式の積立を止めます

積立投資信託(NISA口座)を見直す。EXE-i先進国株式・EXE-i新興国株式の積立を止めます

こんにちは べるぞう父さんです。

2014年11月から始めた積立投資信託ですが、2019年度にむけて一度見直してみようと思います。

 

見直すきっかけとなったのが、ニッセイ外国株インデックスとSBI-EXE-i先進国株式ファンドの損益に差が出てきた事です。

 

2014年からずっと同時期・同金額を積み立てていて、それまでほとんど差が無かったのに、2018年夏頃から少しづつニッセイ外国株インデックスのほうが成績がよくなっていきました。(今後逆転もあるのかも知れませんが…)

 

これはニッセイ外国株インデックスファンドの信託報酬が引き下げられた事もあると思いますが、SBI-EXE-i先進国ファンドに変わる信託報酬の安い商品がSBI証券や他のファンドから色々出てきた事も関係しているのかも知れません。

クリスタルガイザー シャスタ産正規輸入品エコボトル 水(500mL*48本入)【イチオシ】【クリスタルガイザー(Crystal Geyser)】[水 ミネラルウォーター 500ml 48本]
created by Rinker

現在の積立投資信託(NISA口座)

ニッセイ外国株式インデックス(信託報酬 0.11772%)毎月10,000円

SBI-EXE-i 先進国株式ファンド(信託報酬 0.3184%)毎月10,000円

SBI-EXE-i 新興国株式ファンド(信託報酬 0.3794%)毎月10,000円

楽天・全米株式インデックスファンド(信託報酬 0.1696%)毎月10,000円

レオスキャピタルひふみプラス(信託報酬 1.0584%)毎月20,000円

比べてみるとニッセイ外国株インデックスが信託報酬を下げ、楽天・全米株式インデックスファンドが新たに出てきたことで、SBI-EXE-i先進国の信託報酬の高さが際立つ結果になりました。

このことから、SBI-EXE-iの先進国・新興国の両ファンドの積立を来月から止める事にしました。

 

今後の積立投資信託(NISA口座)

ニッセイ外国株式インデックス(信託報酬 0.11772%)毎月10,000円

楽天・全米株式インデックスファンド(信託報酬 0.1696%)毎月10,000円

レオスキャピタルひふみプラス(信託報酬 1.0584%)毎月10,000円

SBI新興国インデックスファンド 雪だるま(信託報酬 0.1948%)毎月5,000円

三菱UFJ国際eMAXISSlim新興国株式インデックス (信託報酬 0.20412%)毎月5,000円

今後は日本株より外国株にシフトさせて行きたいと思うので、最近下落の激しいひふみ投信を10,000円減らし、新たにSBIと三菱UFJの新興国ファンドを各5,000円毎月購入したいと思います。

 

SBI新興国インデックスファンド(通称 雪だるま)は最近新設されたファンドで、純資産は1,000百万円と三菱UFJ国際の新興国インデックスの1/10ですが、信託報酬は少し安いみたいです。どちらが良いのかよく分からないので、とりあえず両方購入したいと思います。

最後に

確かに積立投資信託はほったらかしではありますが、今回のようにどちらかが信託報酬を下げたり、新しい魅力的な商品が出てきたりするので、ネット証券や投資ブログなどで情報を収集する必要があると思いました。せめて1年に1回ぐらい見直しが必要なのかも知れません。

 

新たに購入する新興国ファンドも2種類、同金額・同時期購入する事にしました。今回たまたま同じような比較できる投信を買っていたから、片方の成績が悪くなっていた事が分かりました。

 

1種類だと比較が無いのでこんな成績だろうと分からないまま積立して行ってたと思います。比較する意味も込めて両方購入で行きたいと思います。

 

それと今年のNISA枠が残り30,000円になってしまった為、新興国ファンドは来年1月からの購入になります。調子に乗ってNISA枠で米国株を購入しすぎてしまいました…。

 

EXE-i先進国ファンドとEXE-i新興国ファンドを解約

※当ブログに書かれていることは本人の記憶を元に書かれている為、正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。